アイピルとトリキュラー、避妊効果と安全性に違いはある?

アイピルとトリキュラーはともに高い避妊効果があり、健康な人、高齢ではない人に関しては安全性が非常に高い避妊対策として知られています。その効果の違い、安全性の違いに関しては、アイピルとトリキュラーそれぞれにおいてその仕組みが異なるので一概に述べることはできません。
アイピルは避妊薬といってもモーニングアフターピルの一種で、避妊に失敗したとき、何かしらの理由で性交後の妊娠を避けたい場合に使用します。一度に多量の女性ホルモンを摂取して、その効果によって卵子の受精、受精卵の着床を防いでいくものです。通常、性交があってから24時間以内に服用するのがベストだといわれています。多少時間が遅れたとしても72時間以内に服用しなければ十分な避妊効果が得られないとも言われています。
対してトリキュラーは長い期間にわたって継続的にピルを服用することでその効果を発揮します。排卵や子宮内膜の状態を整える卵胞ホルモン、黄体ホルモンをバランスよく摂取していくことで、排卵自体を止めて妊娠を防いでいくことができるのです。
安全性に関してはアイピルとトリキュラーどちらの場合も注意しなければいけない点があります。ピルはその性質上、体内に無理やり女性ホルモンを摂取していくことになるので、従来のホルモンバランスを崩し、頭痛や吐き気、不正出血などの副作用の症状を引き起こします。トリキュラーの場合は服用を続けることで、アイピルの場合もある程度の日数が経過しホルモン成分が体から抜けきればそれらの症状は治まっていきます。
つまり、アイピルとトリキュラー、どちらの場合も仕組みは違いますが、条件さえクリアできればより安全に、そして高確率で避妊が可能になるわけです。