アイピルで避妊できる期間とは

男性と女性が健康的な状態で性交渉をすれば、子どもが出来る可能性があります。しかし、付き合っているからといって、妊娠をしてもいいというカップルとそうでないかカップルがいるものです。ですから、出来たら困るという場合には、避妊をする必要があるのです。
数ある避妊方法として最近話題になっているものでは、女性が服用するピルがあります。通常、妊娠を防ぐために事前に毎日飲むものですが、それ以外の種類のものもあります。それが緊急用の避妊薬であるアフターピルというものです。
アフターピルというのは、性交渉をしてから一定期間内に服用することで妊娠を避けることができるという中用量のホルモン剤になります。少し強めのホルモン剤を飲むことで、もしも受精卵が体内でできていても、子宮の中で着床することができなくなるというものなのです。
現在、数多くのアフターピルがありますが、中でも人気があるのが、アイピルという商品です。こちらは、性交渉をしてから72時間以内の期間内に飲むことによって、避妊効果があるものなのです。
もしもアイピルなどのアフターピルが必要であるという事態になってしまったら、まずはすぐに産婦人科などの医療機関に行くことをおススメします。早く行って服用したほうが避妊率が高くなります。医師の処方により服用していくのですが、ほかにも海外からの個人輸入で入手することができるようになっているのです。
個人輸入でアイピルを購入する場合では、千円もしないくらいの価格で入手できることもあるのです。しかし、注文しから手元に届くまでに期間がかかるので、事前に買い置きがあると、いざという時に安心して生活できるでしょう。まずは検討してみましょう。