アイピルの服用方法、避妊に失敗しないためポイント

アイピルを始めとする緊急避妊薬は性行為の後、72時間以内に錠剤を服用することでその効果を発揮していきます。通常、緊急避妊薬はこの72時間を過ぎてもその避妊効果を発揮するものなのですが、やはりその確率を考えると、早め早めの服用がカギとなってきます。実際、アイピルの場合でも24時間以内の服用でその避妊率が95%、72時間以内の服用で75%といったように時間と経過とともに避妊の確率も低下していってしまいます。アイピルの避妊効果は100%完璧というわけではないので、その失敗を防ぐためにもこの錠剤服用のタイミングは重要になってきます。
では、アイピルの服用で失敗しないためには一体どうすればいいのでしょうか。これは先にも述べたように、早め早めの行動がポイントとなってきます。アイピルは日本の医療機関では処方されていないものです。ですから、実際に服用している人の多くは個人輸入という形で、海外で売買されている商品を購入することになります。いちいちクリニックなどを受診する必要がないので、その分迅速な対応が可能になってくるのです。もちろん、予め錠剤を手元に確保していく必要はありますが、この方法であれば避妊の失敗のリスクを最小限に抑えていくことが出来ます。
さらに、アイピルの服用時に注意しておきたいのが、服用後3時間以内の嘔吐、下痢の症状があった場合、効果が十分に得られないケースがあるということです。せっかく錠剤を服用しても、成分が体に吸収されないうちに体外に流されてしまっては効果も半減してしまうのです。
アイピルを服用するときは、性行為からどの程度時間が経過しているのか、そして嘔吐や下痢の症状がないか、このチェックを行うことが避妊の失敗を防ぐ大きなカギとなってきます。