コンドームをしていても性病になることはある

近年性病を患っている人が非常に増えています。
中にはコンドームをすれば確実に性病予防をすることができると信じている人もいますが、一概にそのようには言えないので注意が必要です。

性病にならないためには、不特定多数の人と性交渉を持たないことが必要です。
性交渉を持つ回数が増えると増えるだけそのリスクは上がっていくことになります。
したがって、特定の信頼することができるパートナーと接触をすることで病気にかかるリスクを減らすことができるのです。

しかしコンドームをすることで、感染を防ぐことができる場合もあります。
よって交渉を持つ場面になったときには、避妊の目的で使用することはもちろん病気を要望するためにもコンドームを使用をすることが必要です。
そしてこの時のポイントは、ペニスを挿入する前に確実に使用するということです。
最初はコンドームを使用せずにいて途中から使用するという方法を用いても感染を予防することはできないので、必ず最初からしっかりを装着をした状態で行為を行うことが求められます。

性病は性病に感染した人と性交渉をした時に感染するものであり、感染していない人との行為よっては感染しません。
ですから、最も大切なことは信頼できるパートナーをしっかりと選んで行為を行うということです。