愛知の求人

現在の若者の就職活動は非常に厳しいものがあります。ここ最近ようやく景気が上向きだし、求人倍率が下がってきており、売り手市場である等の文句を見聞する機会が増えてきました。売り手市場になりますと、企業は優秀な人材を確保するため、内定をたくさん出すようになりますが、就職希望者は体が一つですので、当然、複数の企業から内定を得られた場合、行きたい就職先以外は、内定を断るということになります。では、以前の厳しい就職活動が行われていた時に、内定辞退は少なかったのかというと、複数の内定を得られていた人材は、就職氷河期であっても、内定を複数社から得ていたようです。優秀な企業の求めている人材というのは、やはりどの業種の企業でも確保したい人材だからでしょう。当然、その就職希望者は、行きたい会社以外は内定を辞退することになるので、不況下にあっても内定を辞退というのはありました。どのように企業の求めている人材となれるか、学生の段階から何も目的のないままに過ごしていては、企業の求める人材になれないことを自覚し、しっかりとした目的意識が必要になります。