アイピルは必ず72時間以内に

アイピルとは、レボノルゲストレルを有効成分とする薬です。
主に避妊に対して効果を発揮します。
一般的にピルとも呼ばれている避妊薬は、大きく2種類に分類する事が出来ます。
定期的に服用するタイプと、緊急的に服用するタイプです。

定期的に服用するタイプは、基本的に毎日決まった量を服用して避妊を行なうというものです。
この薬を服用する事で排卵を抑制したり、精子が子宮内に侵入するのを抑制したりする作用があります。

もう一つの緊急的に服用するタイプは、普段はピルを服用しておらず、突発的に妊娠を回避しなくてはならなくなった場合に服用するタイプになります。
この薬には、受精を阻止したり、受精卵が着床するのを防いだりする作用があります。

アイピルは、後者の緊急的に服用するタイプの避妊薬になります。

アイピルは、経口服用タイプの薬です。
性行為を行なってから出来るだけ早い段階で服用するのが望ましいとされています。
特に性行為から72時間以内に服用する事で、より高い避妊効果を発揮すると言われています。
24時間以内の服用ならば95%、72時間以内の服用ならば75%の妊娠回避率があると報告されています。

このように避妊に対して高い効果の期待出来るアイピルですが、その反面で副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。
代表的な副作用としては、吐き気や下腹部の痛み、頭痛や不正子宮出血等があります。
一般的には、これらの副作用は数日で治まりますが、万が一にも症状が長く続く場合には、医師に相談する事が大切です。

また、アイピルは服用を控えなくてはいけない人もいます。
心血管系や血圧に障害のある人や、肝障害のある人等は服用を控えたほうが賢明です。
アイピルが合わない方にはトリキュラーもおすすめ。